平成30年度新入生歓迎公演「二畳城」のお知らせ

劇団愉快犯2018年度新歓公演

※この記事は公演終了までブログトップに固定されます。

「二畳城」

畳の上で死ねると思うなよ。


脚本 佐々木十千 演出 平山智


【日時】
5月5日(土)14:00~
5月6日(日)14:00~
5月7日(月)19:00~
5月8日(火)19:00~
※開場は開演の30分前です
※途中入場はお断りする場合がございます。お時間には余裕をもってお越しください。
※開演20分前までに京都大学時計台前のクスノキ下にお越しいただければ、スタッフが会場までご案内いたします。
【料金】無料(カンパ制)
【会場】京都大学文学部学生控室
〒606-8317 京都市左京区吉田本町36
アクセス
市営バス(206、201、65、35号系統)「京大正門前」下車、徒歩約7分 京阪出町柳駅より徒歩約15分 ※会場に駐車スペースはございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
●キャスト
拓下 北川梓織 影山悠 岡田拓洋 井上泰彦 山崎優奈 平山智 aight 石濱萌
●スタッフ
脚本:佐々木十千
演出:平山智
親方(舞台監督):aight
万屋(制作):武田成美 山崎優奈 井上泰彦
囃子方(音響):恭介
灯火係(照明):安岐裕美 佐々木十千
細工師(舞台美術):中谷優花 安岐裕美
仕立屋(衣装):しほ
引札絵師(宣伝美術):しほ
【予約】(協力 シバイエンジン)
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b5421fec23
※ご予約のお客様は開演の10分前までにお越しください。遅れる場合はgekidan@yukaihan.info までご連絡ください。
【お問い合わせ】
HP http://yukaihan.info/
E-mail gekidan@yukaihan.info
Twitter @yukaihann ←nは2つです!お間違えなく!
TEL 080-6384-1102 (武田)

曖昧な雨のビートの合図。

どうもどうも。
暑くなったり寒くなったり、春の陽気に胸を踊らせては寒さに手を震わせる、厄介な季節でありますね。京都ってなんでこうも天気が変わりやすいのやら。

ブログを更新するのは実に10ヵ月ぶりでございます。おそらくは初めまして。
工学部情報学科計算機科学コース2回生と相成りました、拓下と申します。

というのも、入団当初からずっと舞台監督を務めていて、今回が初役者なのです。びっくり。
しかも主役らしいです。びっくり。
今まであんま考えずに眺めていた表舞台にいざ自分が立ってみると、想像の3倍くらい疲れますね。しかし自分のセリフが直に誰かを笑わせ、直にその反応に触れられるこの感触は、昔演劇部で味わった通りに、活き活きと自分の中に染み入ります。既に本番が楽しみで仕方ありません。
まだふれっしゅ☆な新入団員感を忘れてはいないと思いますので、ぜひ見に来てやって下さい。

今回の演劇のタイトルは「二畳城」。タイトルから想像がつくようなつかないような、しかし自信を持ってお届けできる作品となっております。
少し前に、「四畳半神話大系」という作品が流行ったのをご存知でしょうか?主人公の住む四畳半のボロアパートには、縁結びの神が住んでいるとの噂があり、主人公、自称神、片想い相手、悪友、その他諸々の人間(?)巻き込みながらファンタジックなコメディが展開する名作であります。
畳とは、西洋の文化を次々と取り入れていく現代日本において、きっと永劫無くなることがないであろう数少ない絶対的文化のひとつと確信しています。晴れた日には陽だまりに我々を抱き、雨の日には湿気を吸いほのかな香りで我々を包み込む。発祥も伝統的意味も何一つ知らぬ我々若者が、これほどまでに身近に和を感じられるというのは実に不思議な現象でありましょう。さながらそこには、我々が生まれた時から見守ってくださる神が住むかのような、原初的安心感があるのだと思うのです。

この二畳城にも、チョット特殊な主人公が巻き起こす理解不能、いや理解不要なファンタジーが満ち満ちております。愉快犯色と和の彩を、是非とも全身で感じ取ってください。

貴殿等ガ踏入ルハ、学徒ノ楽園ニシテ武人ノ城塞。
畳之上ニテ、死ス能フト思フ勿レ。

5月のご予定はお決まりですか?

4月も半ばですね。
年度が変わってしばらく経ちました。皆様、新生活には慣れましたか?
新歓公演ブログリレー、今回の担当は、ついに大学のキャンパスを歩いていても「新入生の方ですか?」と声を掛けられなくなった北川です。

……何でですかねえ。フレッシュさが失われてしまったんでしょうか。まあ大学生活3年目ともなると進級してもあまり「新生活」を送っているという実感もなくなってきましたし、妥当な変化なのかもしれません(?)
今まで通り履修科目を決めて、今まで通りに授業を受けて、今まで通りに過ごすだけ。新しい友達に新しいサークルにと、目を輝かせながら初めてのキャンパスライフを楽しんでいる新入生がちょっぴり羨ましい。自分だって数年前はああだったはずなのになあ……

今回の新歓公演『二畳城』、新入生はもちろんのこと、上記のようなことを1度でも考えたことのある上回生の皆さんにもぜひ観ていただきたいと(個人的には)願っております。
何故かって?それは劇が終わればきっとわかることでしょう。
新入生にも、上回生にも、大学生以外の方にも楽しんでいただけるような公演にするべく、役者として稽古に励んでまいります。

それでは、文学部学生控室にて待つ!!!

一回生です(笑)

えっ、もう新入生入ったんですか!?




とかそんなことはない。いやあるところもあるだろうけど。

タイトル詐欺ではありません。2018年度劇団愉快犯新歓公演ブログリレー、三人目は先日無事大学院に入院しました(先生も入院と言ってらっしゃったのであってる)、岡田です。大学4年間を経て、ピカピカならぬボロボロの(修士)一回生です。「バカな、奴は卒業したはずでは…」と思った方がいらっしゃいましたら、長年贔屓にしてくださってありがとうございます。もう長年と言っていい時間が経ったと思います(遠い目)

というわけで愉快犯5年目入ってしまいました。先日追い出さないコンパ、略して追いコンをしてもらったのですが後輩達の目論見通り、新歓公演で役者として参加しています。さて今回タイトルが「二畳城」ということなんですが、なんなんですかね「二畳城」。読んだままなのかそれとも何かを捻ったのか。あとビラを見た人、気づいていると思いますが「畳の上で死ねると思うなよ」という文。ナニコレ怖い(笑)。この文章を見て少しでも笑った人、公演を観に来たほうがいいです。この文章を見て「なにこの劇団コワーイ」と思った人、怖いもの見たさで公演を観に来てください。というかビラ見てない人でもいいから観に来てほしいですね(本音)

劇団愉快犯の情報を見て、何かを感じてくれたのならば是非公演を観に来てください。無料カンパ制なので、4月でお金を使いすぎた人でも見に来てもらえます。あと公演までこの劇団に対する好奇心を抑えられなくなった場合は是非新歓説明会に来てください。劇団員一同楽しみにしています。

もちろん新入生以外にもたくさんの方々に来ていただけたらいいなと思っています。「バカな、奴は卒業(以下略)」と思ってくださった方、私以外にももう一人「バカな(以下略)」なのがいますので是非とも。

宣伝ばかりになってしまいましたが、今回はこのくらいで。今回のブログは岡田が担当させていただきました。
最後に。もう何回ブログ更新したかわかりませんがまだ慣れません。誰か書き方教えて(汗)

春高楼の花の宴 (まだこれからだけど)

こんにちは。2018年劇団愉快犯新歓公演ブログリレー、二人目は今回も役者をやらせていただく影山です。春休みはいろんなお舞台を観に行きました。そうそう、宝塚歌劇や劇団四季なんかも観ましたよ。お財布の中身がえらいことになりました。

私事になりますが、初めてこの劇団で役者として舞台に立ったのは昨年の新歓公演でしたから、新歓公演にはひときわ思い入れがあります。多くの新入生に初めて見てもらうお芝居が印象的なものになるよう、自然と力も入ります。しかも10代目を迎えようという新歓公演になるわけです。この2年間で培ってきた今の愉快犯らしさを発揮できるよう、日々稽古をしています。


さて、今回の公演のタイトルにもなっている「二畳城」ですが、皆さんは城に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。
権威の象徴、守りのかなめ、憧れ、歴史の動くところ、そんなものでしょうか。乱世においては、城門は固く閉ざされ、侵入者は排除されるといったこともあったでしょう。とはいえ、そのような城であっても中に住む人達にとっては大切なよりどころであったはずです。城には内外の様々な人の思惑が渦巻いていたことでしょう。そこには物語があったことでしょう。
そんな二畳「城」の物語。様々なキャラクターの思いが交錯します。歴史も動くことでしょう。なんたって、スペクタクル新時代時代劇ですから。
恐れることはありません。われわれの城の門は広く開かれています。


最後となりますが、公演3日目の5月7日は僕の22歳の誕生日でもあります。ぜひ、祝ってください(笑)
それでは、われらの城にて、お待ちしておりますぞ。
プロフィール

劇団愉快犯

Author:劇団愉快犯
京都大学あたりで、広義の「喜劇」を背負い活動する劇団。

http://yukaihan.info/

リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR