冬も、あけぼの

こんにちは!
年頃思ひつることはたし侍りぬ。冬公演で役者をやらせていただきます、鈴木です。

いやあ。寒いですね。兎に角寒い。

寒いのは嫌いですが、冬の空は嫌いじゃありません。晴れた冬の日の空は、夏の空より少し遠くて、優しい水色がたまらない。

空を見上げるとたくさんのことを思い出します。どこまでも続いていて果てることのない空を見ていると不思議な気持ちになるのです。自分も、故郷の旧友も、地球の裏側にいる人も、繋がったひとつの空を見ている。そして先人たちが愛でた空もきっと同じ。空はたくさんのものを映し出します。古の幻も、大事な大事な思い出も、未来に広がる夢も。

最近の私のマイブームは朝方の空を見ることです。冬は日の出が遅いので、大阪の自宅を出るとき暗かったりするんです。それで、ちゃりちゃり自転車を漕いで駅に着く頃にはちょうど夜が空け始めるのです。川の向こうがほのかに明るみ、そしてだんだん明るくなっていく。その絶妙な色はほんと見物ですね。屹立するビルがその色によく映える。冬のあけぼのも良いもんです。みなさんも、ちょっと早起きして空を見上げてみてはいかがでしょう。

それはそうと公演です。役者って楽しいですね。いや、どの役割もそれぞれに楽しいんですが。

演じるって楽しい。演劇楽しい。でも何てったって稽古場楽しい。今回の公演は稽古場にいる一年生が私だけなので、末っ子気分で甘えたおしてます。もっとちゃんとしなきゃですね。はい。すみません。

今回やらせていただく役は、あんまりやったことないし、自分自身とも違うタイプの人なので、わくわくと、どきどきが一杯です。同時に、初めて脚本を読んだときに惚れ込んだ役でもあるので、日々愛情込めまくって演じています。かわいい奴め。

さてさて。そんなこんなで昨日小屋入り前最後の稽古が終わりました。楽しい素敵なお芝居ができてきていると思いますよ。もうね、台本を読んでいるだけ楽しいんです。たいてい行き帰りの電車内で台本を黙読しているのですが、ひとりで笑っちゃいそうで、いつもこらえるのに必死です。でも家に帰ったら怠けて読まないしなー。はい。甘えている場合ではないですね。頑張ります。

てなわけで、2/16(金)-18(日)劇団愉快犯冬公演『京都バベル』を上演いたします。みなさま是非是非お越しください。日本最古を誇る現役学生寮、京都大学吉田寮の食堂にてお待ちしております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇団愉快犯

Author:劇団愉快犯
京都大学あたりで、広義の「喜劇」を背負い活動する劇団。

http://yukaihan.info/

リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR