畳の目


人を誘う時、僕はたまに
「畳の目を数えるほど暇だったら来い」と言います。
皆さんは数えたことありますか?僕はあります。目が疲れます。

気が付けば四回生、やることが多くて目が回ります。
因みに私、今回も公演に参加させて頂いております。ありがとうございます。
役者以外に仕事をしていないので周りの目が怖いです。

前までは舞台道具の仕事がありましたが、後輩が継いでくれましたので安心です。
目くじらたてて怒らなければ、ということもなく自分より優秀なので全く目も当てられない。
面目ない。


いやはや、今回の公演には目を引くものがあります。
ベテランから新人までごちゃまぜの稽古場では皆が目を輝かせ、
その活気たるや目を見張るものがありますし、何より後輩の成長には目頭が熱くなります。
目の上のこぶと思われぬよう精進したいと思います。

「二畳城」、タイトルからして面白いのは目に見えております。
目の肥えたお客様にも目が離せない作品となっているのではないでしょうか。うん。
是非劇場へお越しください。


面倒くさくなってきたので締めます。
ここまで「目」の目白押しという感じで書かせていただきました。

ブログの目を数えるほど暇だったら
劇団愉快犯新歓公演「二畳城」の予約をしましょう。
目の覚めるようなコメディーです。
茶番にお付き合いいただきありがとうございます。
石濱萌でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇団愉快犯

Author:劇団愉快犯
京都大学あたりで、広義の「喜劇」を背負い活動する劇団。

http://yukaihan.info/

リンク
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR